catograph -猫写真-

旅で出会った猫の写真がメインのゆるいブログです。

竹富島のコンドイビーチで猫と一緒に雨宿り

竹富島は島の雰囲気がとてもいい。

しかし、八重山は結構雨の日が多い。だから、一番心配なのは天気だ。

そのため、八重山旅行の数週間前から天気をチェックし、そわそわしたり、心配したりと大変なのである。

季節外れの竹富島に行くことにしたのだが、もう天気が悪いことは分かっていた。そして、せめて土砂降りにならないことを願って竹富島に向かったのであった。

竹富島に着くと雨が降っていたものの小雨だったので、宿に荷物を預け、自転車を借り島内を回っていた。ポンチョを持って来ていたので、小雨なら大丈夫。

ところがである。コンドイビーチに向かっている途中、雨脚が強くなってきた。しかも雨は弱まるどころか、ますます激しくなってきたのだ。

コンドイビーチに東屋のような休憩所があるので、雨をしのぐために急いでそこへ向かうことにした。

コンドイビーチに着くと自転車置き場に自転車を止め、屋根のある休憩所に入った。するとそこにはすでに先客がいた。

猫である。7~8匹の猫が雨宿りをしていたのである。

季節外れの竹富島を旅する何人かの人が雨宿りのために休憩所に入って来て、狭い休憩所は人間と猫でにぎやかになった。

 

沖縄県竹富島のコンドイビーチにある東屋のような休憩所で雨宿りする猫たち

雨宿りする猫たち

 

猫たちはじっとしておらず、結構そわそわしていた。

 

沖縄県竹富島のコンドイビーチにある東屋のような休憩所で雨宿りする黒猫。雨が止んだかどうかを確認している

雨宿りする黒猫

 

まだやんでないにゃ~

降り続く雨を恨めしそうに眺める黒猫。

そんなそわそわする猫たちだったが、1匹だけ他の猫とは違い、どっしりと構えている猫がいた。黒と白の模様の猫だ。

コンクリートの椅子の上に座り、始終その態勢を崩すことはなかった。

といった感じの落ち着いた猫である。

この猫の正面で写真を撮っても、我関せずといった感じで、全く動じない猫であった。

他の猫よりは年を取っているのだろうか、どこか風格さえ感じる。

 

沖縄県竹富島のコンドイビーチにある東屋のような休憩所で雨宿りする黒と白の模様で落ち着いた猫

悠然とした猫

 

やまぬなら、やむまで待とうホトトギス

しばらくして雨は次第に小降りになってきた。雨宿りをしてた人たちは、次々と休憩所を去って行った。猫たちのおかげで楽しい雨宿りとなった。

しかし、猫たちは小雨も嫌なのか、休憩所を離れようとしなかった。

実はこの後すぐに強い雨に変わり大変な思いをした。猫たちはそれを予感していたのかもしれない。

やはり竹富島は晴れた日の方がいいと思った季節外れの旅であった。