読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

与那国島の馬にビビる

与那国島に到着した琉球エアコミューター

与那国島まで来ると「ここまで、よく来たな~」と感慨深くなる。すぐ先は台湾だ。台湾よりは近い距離にあるものの、与那国島に着いた時の方が感動もひとしおである。国内の果ての島ということもあるだろうし、何よりも台湾へ行くよりも与那国島へ行く方が面倒だからだろう。

 

与那国島へ行くには沖縄本島の那覇か石垣島から飛行機を乗り継ぐ必要があるが、石垣島からの方が便数が多く、予定を組みやすい。与那国島には店が少ないので、那覇や石垣島の空港でおやつなどの飲食物や必要な物などを購入しておいた方がいいだろう。

 

与那国空港内にある食堂が絶品

琉球エアコミューターの小さなプロペラ機で与那国空港に到着すると、予約していたレンタカー屋さんのご主人が空港で出迎えていてくれた。そのご主人の運転する車でオフィス兼自宅まで行き、そこで車を貸してもらうという仕組みである。

 

ちなみに与那国空港内に「旅果報」というレストランがある。地元の人たちにも人気の店で、食事時はとても混雑する。それもそのはず、味が素晴らしいのである。与那国到着の翌日、車で島を回ったついでに寄ってみた。

 

変わった名前の魚のムニエルを注文したが、あまりにも上品な味で驚いた。ライスがついて定食になっている。与那国島滞在中、1度は行く価値のあるレストランだ。日替わりのメニューで魚のムニエルがあれば、それがおすすめである。

 

与那国空港

与那国島空港

 

馬にビビって東崎展望台を退散

レンタカーを借りるとホテルに向かった。そして、チェックインを済ませた後、早速島内巡りを開始した。ほとんど車が走っておらず快適なドライブである。気を付けなければならないのは、道がすいてるのでついついスピードを出し過ぎてしまうことだ。時折通り過ぎる車はのんびりと走っていた。島の人を見習わなければならない。

 

立神岩を見終え、次の目的地の東崎展望台へと車を走らせた。東崎展望台には少し離れた所に大きな駐車場がある。そこで車を降りて、細い道を歩いて行くと展望台がある。東崎展望台の駐車場に着くと駐車している車は全くなかった。車を降りて東崎展望台へ続く小道の方へ向かうと、そこには何と馬の大群がいるではないか。自由奔放な馬たちは、東崎展望台へと続く小道をこちらに向かって歩いて来る。

 

さすがにビビってしまった。柵の中でおとなしく牧草でも食べているのならいいが、すれ違いざま後ろ足でけられでもしたらたまらない。翌日出直すことにして、ここはおとなしく退散することにした。

 

東崎展望台の石碑

東崎展望台の石碑

 

東崎展望台周辺を歩き回る与那国馬

東崎展望台周辺を歩く与那国馬

 

翌日、馬の大群で行けなかった東崎展望台へと向かった。周辺の牧草地には牛がいたものの、馬の姿はなかった。そのため小道を歩き、無事展望台までたどり着くことができたのである。

 

翌日の東崎展望台には馬はいなかった

与那国馬がいない東崎展望台

 

道路を横切る馬に注意

与那国島で車を運転する場合に気を付けなければならないのは、馬があちこちにいることだ。与那国島の馬は牧草地だろうと道路だろうと自由に歩き回っている。馬が道路を横切ろうとしたら車を止め、道を渡るのを待つ必要がある。

 

車を運転しながら馬を眺められるのもいいものである。馬はゆったりと歩いているので、急に飛び出してくることはないだろう。しかし、馬の姿が見えたらすぐに止まれるようなスピードにするなど、運転には注意した方がいい。

 

道路を横切る与那国の馬

与那国馬が道路を横切るのを待つ車

 

与那国島ではレンタカーがおすすめ

与那国島にはレンタカーを借りることができるが、貸し自転車もある。ただし、道路は結構アップダウンがあり、健脚の持ち主でなければ厳しいのではないかと思う。電動アシスト付きの自転車を貸し出すところもあるので、もし自転車で島を回りたいのなら電動アシスト付きの方がいいだろう。

 

自転車で与那国島を回るのは不可能ではないが、やはりレンタカーをおすすめしたい。前述したアップダウンに加え、一部の道路は馬糞が多いからである。馬は日によって放牧される場所が異なるようなので、馬がいないからっといって馬糞のないきれいな道路とは限らないのだ。馬糞につまずいて転んだりしたら洒落にならない。しかし、後々の笑い話にはいいかもしれないが。

 

馬糞が多い与那国島の道路

馬糞が多い与那国島の道路

 

車を運転するといっても、ほとんどすれ違う車もないほどすいている道だ。普段運転し慣れてないとしても、それ程問題ないだろう。

 

与那国馬の説明書き

与那国馬の説明

 

与那国島には、ただ行けばいい

与那国島にもいくつかの観光スポットがあるが、「ここだけは絶対見逃すな!」というものはない。あくせくしないで、のんびりと島を回ればいいのである。あえて言うならば、与那国島に来たこと自体が最大の観光だ。何もなくていいのである。「ここまで来た」という思いで胸がいっぱいになるからだ。