Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

山鹿温泉「百華百彩」のすすめと千人灯籠踊り

山鹿温泉「山鹿灯籠まつり」のポスター

熊本県にある山鹿温泉といえば、夏に行われる「山鹿灯籠まつり」が有名である。中でも大勢の女性が頭に灯籠を載せて踊る「千人灯籠踊り」は幻想的であり、この踊りを見るために大勢の人が山鹿温泉にやって来る。

 

山鹿温泉では山鹿灯籠まつりの他に、毎年2月の週末の金曜日と土曜日に「山鹿風情物語」と「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」という祭りも開催している。こちらの祭りは夏の祭りほどにぎやかではないが、山鹿の街がろうそくにともされ、なかなか幻想的な雰囲気となる。

 

「山鹿の灯籠に興味があるなら、千人灯籠踊りを見に行け」と言いたいところであるが、まずは百華百彩(「山鹿風情物語」と「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」の2つの祭り)を見に行くことをおすすめしたい。

 

千人灯籠踊りを見るためには?

千人灯籠踊りのチケット

山鹿灯籠まつりの1ヶ月ほど前になると、千人灯籠踊りのチケットが発売される。このチケットは桟敷席に座るための座席料であり、チケットを持っていないからといって会場に入れないということはない。千人灯籠踊りの会場は山鹿小学校のグランドで、チケットがない場合は桟敷席以外の場所で見ればいい。

 

千人灯籠踊りが行われる山鹿小学校

千人灯籠踊りが行われる山鹿小学校

 

千人灯籠踊りの桟敷席

千人灯籠踊りの桟敷席

 

千人灯籠踊り当日のバス

千人灯籠踊りの当日は、地元熊本のバス会社の九州産交が、山鹿温泉から熊本交通センターまでの臨時便を出しており、夜遅くまで対応している。これを利用すれば、公共の交通機関のみで山鹿温泉と熊本市の往復が可能である。祭りが近くなれば、下記の九州産交のウェブサイトに詳細が載るので、定期的にチェックしておくといいだろう。

 

九州各地発のツアーが便利

千人灯籠踊りを鑑賞するツアーに参加する場合は、通常、桟敷席のチケットが含まれている。東京や大阪などの主要都市発のツアーがあるものの、それほど数は多くない。また、これらは2~3泊のツアーで、あまり興味のない場所が日程に組まれていることもある。

 

千人灯籠踊りだけ見たい場合や、自分の好きなように旅行のプランを立てたい場合は、九州各地発のツアーが便利である。全国から観客が来るとはいっても、多くは九州在住の方が大半なので、九州各地発のツアーの種類は豊富である。

 

例えば、九州産交は熊本県内数ヶ所から千人灯籠踊りの日帰りツアーを催行している。熊本市発のツアーなら午後4時に熊本交通センターを出発し、千人灯籠踊りを見学後、午後10時に熊本市に戻るというものだ。もちろん桟敷席のチケットも含まれている。

 

九州産交のツアーは祭りの数ヶ月前から受付が始まるので、ウェブサイトを定期的にチェックしておくといい。また、西鉄等の他の会社も博多などからツアーバスを出している。

 

九州産交のウェブサイト

www.kyusanko.co.jp

 

踊りの前の儀式?

千人灯籠踊りが行われる前の行われる前の儀式

 

千人灯籠踊りの敵は、雨である

千人灯籠踊りを見れるかどうかは運次第

夏祭りである山鹿灯籠まつりの時期は、何といっても雨が降りやすい。これが最大のリスクだ。千人灯籠踊りの観客は午後6時から会場に入ることができるのだが、その少し前に踊りを催行するか、あるいは中止するかが判断される。もし運悪く中止になった場合は、桟敷席のチケットを持っている者は八千代座という芝居小屋で灯籠踊りを鑑賞することとなる。チケットを持っていない場合は、残念ながら帰るしかない。

 

それでは、千人灯籠踊りの最中に雨が降った場合はどうなるだろうか?雨足が強い場合は、その場で中止となる。小雨で、じきにやみそうな場合は、頭に載せた灯籠にビニールを被せて続行する。灯籠は紙でできており、雨に弱いのである。また、雨が降り続けるとグランドの土がぬかるんでしまい、踊れる状態ではなくなるからである。

 

これらのことは主催者が判断することになるが、主催者は随時天気の状況を分析しおり、これがかなりの確率で当たるからすごい。私が見に行った時は、途中から小雨が降ってきてしまい、ビニールを被った灯籠を見ることになってしまった。しかし、中止になるよりは、はるかにましではある。

 

千人灯籠踊り

幻想的な千人灯籠踊り

 

千人灯籠踊り鑑賞のために用意しておきたいもの

千人灯籠踊りは常に雨のリスクがあるので、ポンチョだけは持っていくことをおすすめする。雨が降ると皆傘をさすのだが、後ろに座っている人のことを考えるとこれはいただけない。後ろの人は踊りが見にくくなってしまうからだ。当然「見えねえぞ!」などの怒号が飛ぶわけだが、祭りやスポーツなどの野外イベントでは傘ではなくポンチョなどで対応すべきであろう。

 

百華百彩で山鹿灯籠踊りのエッセンスを

山鹿温泉、冬の祭りの魅力

冒頭に書いた通り、山鹿温泉では2月に「山鹿風情物語」と「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」が行われる。山鹿風情物語は八千代座で行われる灯籠踊りを鑑賞するものである。狭い舞台での踊りなので千人灯籠踊りほどの迫力はないが、青い光が幻想的であり、山鹿灯籠踊りのエッセンスは感じ取れるはずだ。

 

歴史のある芝居小屋の八千代座

山鹿風情物語で灯籠踊りが披露される八千代座

 

八千代座での灯籠踊り

山鹿灯籠踊り

 

百華百彩は、街のいたるところに置かれた和傘や竹をろうそくで灯すというもので、淡い光が幻想的な雰囲気を醸し出す。これらのオブジェは主に屋外に展示されており、雨の心配はあるのだが、強い雨ではない限りそれほど影響はないと考えてよい。

 

ろうそくの明かりで幻想的になる山鹿の街

傘や竹がほのかに光り、街が幻想的になる

 

山鹿温泉は、まず百華百彩から

気合を入れて夏の千人灯籠踊りを見に行き、雨で中止になったらショックは大きいものだ。山鹿温泉の近く、あるいはせいぜい九州内から行くのならともかく、遠距離で飛行機等を利用して行くとなると、あまりにもリスクが大きすぎる。

 

その点、山鹿温泉の冬の祭りは、最初から屋内の八千代座で灯籠踊りを見るのが目的であるから雨の影響はない。雨というリスクを考慮した場合、灯籠踊りを見るために初めて山鹿温泉へ行くなら、百華百彩をおすすめしたい。

 

千人灯籠踊りを見に行くかどうかは八千代座の灯籠踊りを見てから決めればいい。八千代座の踊りを見て満足したなら、それで良し。ますます千人灯籠踊りが見たくなったら、その時にこそ山鹿温泉の夏祭りに行く計画を立てればいいではないだろうか。

 

 

必ず寄りたい山鹿灯籠民芸館

山鹿温泉に山鹿灯籠民芸館という、灯籠が展示されている所がある。八千代座やさくら湯へ行く人は多いが、ここを訪れる人は少ないようだ。もちろん数々の灯籠も見る価値はあるのだが、特筆すべき点は、山鹿灯籠まつりのポスターの原画を作成している鶴田一郎氏の作品が展示されていることである。単純な線で描かれた味わいのある画風で、現代の浮世絵といった感じの作品を見るのもいいものである。山鹿温泉に行くなら、是非訪れたい民芸館である。

 

山鹿灯籠民芸館

山鹿温泉にある山鹿灯籠民芸館

 

灯籠は紙でできているので軽い

山鹿灯籠民芸館に展示されている灯籠

 

 

山鹿温泉観光協会のウェブサイト

www.y-kankoukyoukai.com