読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

スワンナプーム空港とドンムアン空港を結ぶ無料シャトルバス

夜のスワンナプーム空港

現在、多くのLCCを中心とした航空会社がドンムアン空港を使用するようになり、ドンムアン空港からタイの国内外へのフライトを利用するケースも多くなってきた。

 

そのため、日本からスワンナプーム空港に到着し、タイ国内線はドンムアン空港を利用する場合は、2つの空港を移動する必要がある。逆の場合も同様だ。

 

ドンムアン空港とスワンナプーム空港は多少距離が離れているが、シャトルバスが2つの空港を結んでおり、乗継で両空港を利用する場合は無料で利用できる。このシャトルバスの名称は「送迎バス(Transfer Bus)」という。正式には「スワンナプームとドンムアン間の送迎バス(Transfer Bus Between Suvarnabhumi - Don Muaeng)」である。しかし、便宜上ここでは「シャトルバス」とする。

 

ルーイからバンコクへ戻る際、ルーイ空港発ドンムアン空港着の飛行機を利用した。そして、ドンムアン空港到着後、無料のシャトルバスでスワンナプーム空港へ移動してみたので、その時の様子をレポートしてみたい。

 

ドンムアン空港のシャトルバス乗り場は5番出口

ドンムアン空港からスワンナプーム空港へ向かう無料のシャトルバスの乗り場は5番出口を出た所にある。上の方に案内表示があるので間違うこともないだろう。

注意すべき点は、チャトゥチャックなどへ向かう一般のバスの出口もあるので、必ず「Shuttle Bus - Suvarnabhumi」と表示された出口に向かうことだ。

 

ドンムアン空港の5番出口

ドンムアン空港のシャトルバス乗り場を示す案内表示

 

5番出口を出ると大きなシャトルバスの時刻表が見えるので、その近辺からシャトルバスが出発する。

 

シャトルバス乗り場

ドンムアン空港のシャトルバス乗り場

 

シャトルバスの運行頻度

スワンナプーム空港行きのシャトルバスは、朝5時から夜中の24時まで運行されており、基本的には30分に1便の割合である。また、朝夕のラッシュ時は1時間に4便が運行され、意外と便数が多い。

  

シャトルバスのインフォーメーション

ドンムアン空港のシャトルバスのインフォメーション

 

シャトルバスがドンムアン空港を出発する時刻は、下記のシャトルバスの時刻表の写真を参照されたい。

 

シャトルバスの時刻表

ドンムアン空港のシャトルバスの時刻表

 

シャトルバスに乗る前に!

シャトルバスを利用できるのは、スワンナプーム空港から出発する飛行機に乗り継ぐ利用客のみである。シャトルバス乗り場の付近に、スワンナプーム空港から搭乗するフライトのチケットを確認するカウンターがあるので、そこでチケットを提示する。

 

シャトルバスの職員がチケットを確認したら、手の甲にスタンプを押してくれる。これがシャトルバスのチケット代わりとなる。もちろん無料なので、金銭のやり取りはない。

 

この「手の甲にスタンプ」というのは、タイでは時折見受けられる。例えば、サッカーの試合を見に行った時など、1度入場したもののスタジアムの外に出られる所もある。このようなスタジアムでは、スタジアムから出る時に手の甲にスタンプを押すのだ。

 

そして再入場の時にチェック済みのチケットと手の甲のスタンプを見せる。このような方式にすれば、スタジアム内からチェック済みのチケットを外にいる人に渡し不正に入場することを防ぐことができる。

 

手の甲にスタンプがない場合は、チェック済みのチケットを持っていても再入場できない仕組みである。

 

フライトのチケットを確認するカウンター

ドンムアン空港のシャトルバスの受付

 

シャトルバスに乗車

シャトルバスが来たら乗車するわけであるが、それほど利用客はいなかった。時間によるのかもしれないが、私が利用した時は全員で5名ほどで、手の甲のスタンプを見せることなく乗車できた。

 

スワンナプーム空港へ向かうシャトルバス

ドンムアン空港のシャトルバス

 

シャトルバスの車内は、前方の座席の大部分が荷物置き場に変えられており、座席数は一般のバスより少ない。荷物置き場のスペースは広いので、荷物の置き場所に関しては心配する必要はない。

 

シャトルバスの車内の様子

ドンムアン空港のシャトルバスの車内

 

スワンナプーム空港到着まで約50分

ドンムアン空港を出発したシャトルバスは、渋滞がなければ約50分でスワンナプーム空港に到着する。

 

スワンナプーム空港のシャトルバス降車場

スワンナプーム空港のシャトルバス降車場

 

私が利用したのは午後1時半頃でほぼ50分で到着したが、朝夕のラッシュ時は道路が混雑するので、かなり余裕のあるスケジュールにしておいた方がいいだろう。

スワンナプーム空港での降車場は、出発階の5番入口付近となる。

 

スワンナプーム空港のシャトルバス降車場は5番入口付近

スワンナプーム空港のシャトルバス降車場近くのゲート

 

スワンナプーム空港からのフライトが翌日の場合

私がシャトルバスを利用したのは、スワンナプーム空港近くのトランジットホテルであるマリヤ・ブティック・レジデンスに宿泊する日であった。つまり、スワンナプーム空港から飛行機に搭乗する日の前日であったということである。

 

2つの空港の移動日と同日の乗り継ぎではなく、実質的にはホテルに行くための利用であったが、この場合でも無料のシャトルバスは利用できることが分かった。

 

スワンナプーム空港とドンムアン空港の2つの空港での乗継というケースは、今後も増加しそうだが、無料のシャトルバスを上手く利用したいものである。