読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

何度見ても楽しめる。タイペイアイは初心者に優しい京劇入門

タイペイアイの公演

台北の夜は楽しい。夜市での食べ歩きがある。ツアーで夜の九份(きゅうふん)を散策するのもいい。しかし、台湾の文化に触れたいのならタイペイアイ(Taipei Eye)だろう。タイペイアイは、主に外国人観光客のために週に3回ほど京劇の公演が行われており、京劇が初めての人でも楽しめる非常に優れたプログラムを提供している。

 

タイペイアイの場所

タイペイアイは地下鉄の中和新盧線(Zhonghe-Xinlu Line)の中山國小駅(Zhongshan Elementary School、中山国小)、中和新盧線と淡水信義線(Tamsui-Xinyi Line)の民權西路駅(Minquan W.Rd.、民権西路)、そして淡水信義線の雙連駅(Shuanglian、双連)が最寄り駅となる。

 

どの駅からも5~7分程度歩くが、タイペイアイの建物は大通りに面しているので、迷うことはないだろう。通りを歩いているとタイペイアイの看板が目に付くはず。内側から光らせているタイプの看板なので、夜でも目立っている。

 

タイペイアイの目印となる看板

タイペイアイの看板

 

タイペイアイの入口は錦州街通りに面しており、建物の中に入ったら、その日に行われる京劇の演目に関するあらすじがプリントされた紙と公演終了後に渡すアンケートが配られる。

 

正式なチケットに交換する必要がある場合は、奥の方に窓口があるので、そこで予約引換書を渡し、正式なチケットを受け取ることになる。ベルトラで予約した場合も、この方法である。

 

タイペイアイの入口

タイペイアイの入口

 

舞台と字幕が見やすい席を目指せ

公演開始30分前になるとエスカレーターに乗り、会場に向かうことになる。会場内は自由席なので、できるだけ良い席を取るためにもエスカレーターに乗る列には早めに並んでおこう。

 

会場に入ったら席取りをするのだが、一部の席はJTBの白いカバーが付けられており、ツアー客専用の席となるなるので、その席は避けること(JTB強し…)。

 

さて、最適の席を探すわけであるが、舞台を見ると左右に電光掲示板があるのが確認できるだろう。そして、舞台に向かって右側の電光掲示板に「トイレは左側にあります」と、日本語で表示されているのが見えるはず。劇の最中、この部分に日本語に訳された台詞(せりふ)が表示されるので、舞台の中央とこの右側の電光掲示板がよく見える席を選んだ方がいい。

 

確かに前の席の方が舞台の迫力を感じられるが、日本語訳は見にくくなってしまう。一部不明瞭な日本語訳があるのも事実ではあるが、日本語の台詞を見ることができれば、一層京劇の面白さを実感できることは間違いない。

 

また、写真を撮りたい場合も、前方の席よりは全体を見渡せる真ん中より後ろの方がいいだろう。写真を撮る場合の注意点は、フラッシュは厳禁だということである。普段カメラやスマホで撮影の設定を変更しない方は特に注意が必要だ。意図せずにフラッシュを使ってしまったという人が必ずいる。席に着いたらフラッシュ禁止に設定しておこう。また、ビデオの撮影は禁止であるので注意してほしい。

 

舞台に向かって右側にある字幕が表示される電光掲示板

タイペイアイの日本語が表示される電光掲示板

 

ちなみに左側の電光掲示板には、英語とハングルが表示される。

 

席が決まったら入る時にもらったあらすじを読んでおこう。本来は長いお話なのであろうが、演じられるのはその内の一部の場面である。歌舞伎などの一幕見のようなものであろう。大まかなストーリーが分かっていれば、劇中の出演者の動きだけではなく、物語として楽しむことができるので、あらすじは頭に入れておいた方がいい。

 

公演終了後、出演者と記念撮影

劇は夜9時に終了する。会場の出口でアンケートを渡し、そのまま帰ってもいいのだが、外に出演者が待っており、写真を撮ることができる。

注意したいのはフラッシュは厳禁ということだ。

また、一緒に写真を撮ることにも気持ちよく応じてくれるので、記念に1枚撮ってみるのもいいだろう。

主演の役者との記念撮影の場も設けられるが、かなり混雑する。

 

公演終了後、記念撮影をしてくれる出演者

タイペイアイの公演後、役者と記念撮影

 

京劇の見所

タイペイアイは、私も3回しか見たことがなく、まだまだ初心者ではあるが、いろいろと気が付くことも多い。

 

まず、水色の布地に波が書かれた物を持っているいる演者であるが、これは海や川を表現している。海や川は比較的どの演目でも出演する可能性が高い。この時点では演出的には裏方の役目であるが、この時に演者がどのような動きをするのかは見ていて面白い。

 

また、戦いの場面も面白い。男同士の戦いの場合、スピード感のある戦いとなるが、男と女の戦いとなると、スピード感は薄れ、京劇の様式的な動きになることが多い。どちらかというと「舞う」ような表現になる。これもまた面白いのだ。京劇では戦いをどのように表現するのかが分かるだろう。男同士の戦いも迫力があるが、私は京劇の男と女の戦いの表現も好きである。

 

そして、最も客席を沸かせ、京劇の最大の見所はアクロバティックな演技である。これぞ京劇!といった感じだ。このような場面を任される演者は、普段から相当の練習をしていると想像できる。京劇のアクロバティックな演技には目を離すことはできない。

 

タイペイアイの劇

タイペイアイの劇

 

劇が盛り上がるかどうかは、日本人の若い女性にかかっている!

これは本当である。タイペイアイでの京劇鑑賞は、咳を我慢しながらかしこまってみる場所ではない。演者に対し拍手をし、アクロバティックな演技に歓声を上げながら京劇を楽しむ所なのである。

 

タイペイアイの観客の7割は日本人である。時と場合によっては8割から9割が日本人となる。となると劇が盛り上がるかどうかは、演者にもその一端があるのはもちろんだが、観客として参加している日本人にもよるのである。

 

別に難しいことではない。見せ場見せ場で大きな拍手をし、アクロバティックな演技に歓声を上げればいいだけだ。しかし、おじさん、おばさんはダメ。誰かにつられて拍手するのが精いっぱい。若い男性も駄目だね。まだ一部のおじさんはいいかな。劇を盛り上げようと率先して拍手をする人もいるから。

 

やはりここは、ノリのいい若い女性が観客の主役だと思う。このような女性が数名いるだけで会場が熱気を帯びて、劇というよりはサッカーの試合のような感じになる。会場の熱気が出演者にいい影響を与え、これがまた観客を熱くするという好循環が生まれるのだ。

 

私が3回見た内の1回が、まさにこれだった。この時は前の方に座っていた女性が大きな拍手をし、大きな歓声を上げ、それが観客席全体に広まって、ライブのような熱気であった。このようなタイペイアイにするためにも、恥ずかしがらず、大きな拍手と大きな歓声で劇を盛り上げていきたいものである。

 

台湾伝統芸能を堪能!タイペイ・アイ(台北戲棚)公演チケットをベルトラで予約

 

タイペイアイのウェブサイト

www.taipeieye.com