Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

ノック2回はトイレ用って本当?プロトコール・マナーという妄想

f:id:traveler-hide:20160310120226p:plain

先日、暇な時にネットを見ていたら「就活」に関するウェブサイトに行きついた。そして、「ビジネスマナー」になり、「ノックの回数」に関することが書かれたウェブサイトに出会った。

 

なんでも、ノックの回数というのはプロトコール・マナーというもので決まっており、ノックを2回するというのは、トイレの空室を確かめる時の回数だそうである。

 

結構衝撃的な内容だった。なぜなら、こんなのは初耳だったからだ。以前は間違えなく「プロトコール・マナー」なんて言葉は使われてなかったはずである。

 

これは本当に根拠があるのか確かめなければならないという使命感が芽生えてしまったので、ちょっと調べてみた。

 

プロトコール・マナーとは?

いろいろと調べてみると数多くのサイトで「ノックの回数」の話題が取り上げられていた。例えばキャリアパークのサイトでは次のように書かれている。

 

ノックの回数については「プロトコールマナー」と呼ばれる国際標準マナーがあります。プロトコールマナーとは、世界中の人々が、文化や宗教の違いを超えて、スムーズに交流できるように定められた世界共通のルールの事です。

そこにドアノック回数が正式に定められています。こちらの国際標準マナーと、日本のビジネスにおけるマナーを紹介していきますので、面接のときなど、ドアをノックする際は参考にしてください。

 

careerpark.jp

 

なるほど。プロトコール・マナーというのは国際標準マナーのことで、これは正式に定められていると。他のサイトも調べてみたが、ほぼ同じ内容であった。

 

しかし「正式に定めらている」と書かれているにもかかわらず、そのソースを見つけることはできなかった。ということは、プロトコール・マナーは特別な人のみに伝承されるものなのか?

 

日本語では全くソースを見つけることができなかったので、英語で検索してみることにした。しかし、「protocol manner」で検索してみても、「protocol」と「manner」の2語が連続して表示されるようなウェブサイトはなかったが、「manners and protocol」というのがあった。

 

おそらく「プロトコール・マナー」というのは「プロトコールとマナー(protocol and manners)」なのであろう。「マナー」の方は分かる。それでは「プロトコール」とは何であろうか?

 

「プロトコール」については外務省のウェブサイトに詳しく書かれている。

 

国家間の儀礼上のルールであり、外交を推進するための潤滑油。
また、国際的・公式な場で主催者側が示すルールを指すこともある。

 

参照サイト:外務省: グローカル外交ネット:海外のお客様を迎えるために:プロトコールの基本

 

外務省によると「プロトコール」の定義は、基本的には国家間、あるいはそれに準ずる場での儀礼のことである。外務省のウェブサイトにノックの回数に関する記述があるか探してみたが、そのような記述はなかった。

 

国家間の儀礼を就職活動をする学生が覚える必要があるのだろうか?特殊な職種に就くのなら別だが普通は必要ないだろう。

 

上記の点を考慮すれば「プロトコール・マナー」というのは、単に「マナー」、あるいは「ビジネスマナー」ととらえてよさそうである。

 

海外ではノックの回数を決めているのか調べる

それではノックの回数について調べてみたい。

Happy Life Styleというウェブサイトによるとノックの回数は次のように決まっているそうだ。

 

2回のノックは、トイレ用。
3回のノックは、家族・友人・恋人など、親しい相手。
4回以上のノックは、初めて訪れた場所や礼儀が必要な相手。

 

参照サイト:ドアのノックの正式なマナー。 | 就職面接の30の基本マナー | HappyLifeStyle

 

それでは「ノックの回数」に関し、英文で記述されたサイトがあるか調べてみたい。「office etiquette knock(オフィスでのエチケット ノック)」や「business manners knock(ビジネスマナー ノック)」などで検索すると、確かにノックに関して記述されたウェブサイトが表示される。

 

しかし、それらの記述を読んでも「部屋に入る前にノックをする」という当たり前のことばかりで、いずれもノックの回数には触れてなかった。

 

さて、次はどうすべきか?こんな時は素直に知りたいことを文章にして検索してみることである。ずばり「how many times do you knock(ノックを何回する)」で検索だ。すると出てくる、出てくる。

 

「ノックを何回しますか?」という質問に対し、回答は様々である。ここでのノックとは家やオフィスのドアと推定される。

 

海外ではトイレのドアは通常開いており、使用する際に閉める形式のものが多い。また、トイレを使用中、ノックをされるのを嫌がる人も多いからである。

 

in.answers.yahoo.com

 

ノックの回数は人それぞれで、2~5回ということであろうか。ノックの後に名前を呼ぶというのもある。

次のYahoo Answersは興味深い。

上記同様「ノックの回数」についての質問である。

 

"Twice" is when you come in the toilet=so it is bad manners.
"Three times"=when you come in the husband or wife or friend's room.
"Four times"=humbles way of knock (you come in the superior or professor's room).
<source>http://netafull.net/life/035342.html (*Japanese website)

 

質問者は日本人のようである。場面ごとのノックの回数を記述し、「こんなマナー、本当にあるの?」と聞いている。ノックの回数に関するソースは日本語のウェブサイトである。

この質問に対する回答は「そんなの聞いたことがない」というものだ。

 

answers.yahoo.com

 

ざっと調べてみてもノックの回数が定まっているとは思えない結果であった。

 

根拠もなく広まっちゃて、どうすんの?

「ノックの回数に気を付けるように」と広まりだしたのは、それ程昔ではない。数十年前、少なくとも私が新入社員の時に受けたビジネスマナーの研修では、ノックの回数など話題にならなかった。しかし、どうして最近になってこのようなことが言われるようになったのであろうか。

「新たなマナーを作り出して、マナー講座などで稼ぎたいからじゃないの?」と思ってしまう。

プロトコール・マナーというのが本当にあって、それを推奨するのなら分かるのだが、前述のサイトにはこんなことも書かれている。

 

面接は、礼儀が必要になる場ですから、4回でもかまいません。
実際に欧米の面接では、4回のノックが基本とされています。
ただし、ビジネスの場では、3回に省略することも可能とされています。
面接で入室の際は、3回のノックが好ましいでしょう。

 

参照サイト:ドアのノックの正式なマナー。 | 就職面接の30の基本マナー | HappyLifeStyle

 

プロトコール・マナーでは、面接の際4回ノックするのが基本なら、4回をすすめればいいのに、なぜ「面接で入室の際は、3回のノックが好ましいでしょう。」となるのか意味不明だ。

 

なぜ3回としたのか?そりゃ4回だとうざいと思われるからだろう。だから3回のノックが好ましいとしているのだろうと思う。

 

私も部下を雇う際に面接をしたことがあるが、ノックを3回されると「ん?」と思い、4回もされたら「聞こえてるわーっ!」と思ってしまう。もちろん顔は笑顔だが。私の場合はノックは2回で充分。

 

最後に下記のウェブサイトを紹介したい。「10 tips to succeed in job interview and to get high salary(面接に成功し、より良い給与を得るための10の秘訣)」という記事の中でノックに関し、次のように記述されている。

 

6. Knock on the door before entering the interview room
Sokha: “Before you enter the room, make sure you double knock the door, but do not knock so many times or knock very loudly. Do not open the door without knocking. If nobody greets you after entering the room you can greet first. Use Khmer style to greet Khmer and foreign style for foreigners. Remember not to offer your hand before the interviewer does it.”

 

www.phnompenhpost.com

 

つまり、面接に成功したければ、面接する部屋に入る前に「2回ノックしろ」、そして「ノックし過ぎるな」ということだ。

 

就活生の皆さん、ノックの回数で悩まない方がいいよ!そんな暇があったら英語の勉強でもした方ましだから。まともな会社ならノックの回数で落とすことはない(はず)。そもそもプロトコール・マナーなんてものは初めからないだろうから。