Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

マテーラの魅力と洞窟ホテルから眺める絶景

イタリアのマテーラにある洞窟ホテルのイルベルヴェデーレ(Il Belvedere)のテラスから見える早朝のサッシの様子

イタリアのマテーラ(Matera)にはサッシ(Sassi)という世界遺産に登録されている洞窟住居群がある。その眺めは絶景であり、特に朝夕のサッシに街の灯りがともっている時の風景は神秘的な感じさえする。日本人にとっては、まだメジャーな観光地ではないが、サッシを見にマテーラに行く価値はあると思う。

 

マテーラの行き方

マテーラへの行き方はイタリアの主な都市から列車でバーリ(Bari)まで行き、バーリからはローカル線のアップロ・ルカーネ鉄道(FAL)に乗るのが一般的である。日本人にはなじみがないが、バーリは比較的大きな都市で、バジリカータ州やプーリア州へ列車で行く際の拠点となっている。

 

そのためバーリにはトレニタリアとアルベロベッロ方面に向かうスド・エスト(Sud-est)、そしてFALの3つの駅がある。トレニタリアの駅は大きいので迷うことはないが、FALとSud-estの駅は小さいので迷うこともある。マテーラへ向かうFALは地下鉄ではないが、バーリでの切符売り場はトレニタリアのバーリ駅からすぐの建物の地下にある。

 

バーリからFALに乗り1時間半ほどでマテーラ中央駅に着く。中央駅といっても小さい駅である。この駅からマテーラのサッシまでは歩いて15分も見ておけばいいだろう。ただし、サッシ内のホテルに宿泊する場合は行きだけはタクシーで行った方がいいかもしれない。サッシ内は道が複雑でホテルを見つけるのに苦労するからである。

 

マテーラ中央駅

f:id:traveler-hide:20170302032051j:plain

 

もし空路でバーリまで行くなら空港からバスで直接マテーラへ行くこともできる。バーリ空港からマテーラへ向かうバスが1日5便運行されており、飛行機の到着時間とバスの出発時間が合うなら利用価値は大きい。空港からマテーラまでの所要時間は1時間15分である。詳細は下記のウェブサイトを参照してほしい。

 

BUS (Pugliairbus) - Aeroporti di Puglia

 

マテーラの魅力

マテーラの魅力といえば洞窟住居のサッシであるが、川を挟んだサッシの真向かいのカルスト地形の姿も素晴らしい。バジリカータ州からプーリア州にかけた地域は広大なカルスト地形を形成しており、特にマテーラの所々白い岩がむき出しになった風景はサッシに引けを取らない絶景である。

 

 マテーラの風景

f:id:traveler-hide:20170302032047j:plain

 

マテーラにはサッシを利用した洞窟ホテルがある。もしホテルからサッシの風景を眺めたいのであれば、サッシ内のホテルよりはサッシから少し離れた所か、あるいはサッシの端にあるホテルがいいだろう。眺めのいいホテルなら、ホテルに滞在するだけで観光となる。マテーラを訪れるなら眺めのいいホテルを選ぶことが重要である。

 

マテーラの洞窟ホテル、イルベルヴェデーレ

洞窟ホテルの1つにイルベルベェデーレ(Il Belvedere)がある。イルベルベェデーレにはテラスがあり、ここから見るサッシは絶景である。特に早朝の街の明かりが残っている風景と夕刻にだんだんと日が暮れる時が最高だ。まだ寒さを感じるのに、相当の時間ホテルのテラスで過ごした。洞窟ホテルのイルベルベェデーレを紹介してみたい。

 

ホテルにたどり着くのは無理かもしれないと思った初日

マテーラ初日は散々だった。ローマからバーリに行き、そこで電車を乗り換えたのだが、バーリに着いた時には、すでに小雨が降っていた。マテーラ駅についても雨は止まず、それどころか次第に強くなっていった。傘を差しながら荷物をごろごろ引っ張ってマテーラ駅からホテルに向かった。

 

道沿いにホテルはあるはずだと思っていたのだが全然見つからない。かなり焦った。雨の中、車に荷物を積み込んでいたおじさんにホテルの場所を聞いたが、「あの店で聞いてくれ」と言われた。そりゃ、台風みたいな日に道聞かれても面倒だわな。

 

その店に入ると店員以外にイタリア人夫婦と小さな女の子がいて、主人が英語で道順を教えてくれた。多少英語があやふやだったが…。「グラッツェ」と言って店を出て、教えてもらったとおりに歩いたつもりだったのだが、やはり見つからない。かなり遠くまで歩いてしまった。こんなに遠くはないはずだと思い途中で引き返したが、雨は降っているし風も強くなってきて心細くなった。

 

「やばい、ホテルにたどり着けないかもしれない」と思いながら来た道を戻っている時に神の救いが!先ほどの店で会った夫婦が車でこちらへ向かってきたのだ。「妻が心配だって言うから…。さあ乗って」と言い、車でホテルまで送ってくれたのだ。ホテルは大通りではなく道を1本入った所にあった。もう日本で困ったイタリア人を見かけたら絶対手助けするよ!なんて思いながら、そのご夫妻にお礼を言った。

 

イルベルヴェデーレ(Il Belvedere)の入口

世界遺産の洞窟住居があるイタリアのマテーラ。マテーラにある洞窟ホテルのイルベルヴェデーレ(Il Belvedere)の入口

 

翌日、ホテルからサッシに向かう道でホテルの案内板を発見したが、大通りではなく細い路地にあるので役には立たなかった。

 

路地にあったホテルの案内板

イタリアのマテーラにある洞窟ホテルのイルベルヴェデーレ(Il Belvedere)の案内板

 

部屋は狭いが、秘密基地のような雰囲気

優しいイタリア人ご夫妻のおかげで、ようやくチェックインすることできた。このホテルは家族経営の小さいホテルだ。レセプションの若い男性もフレンドリーだった。チェックインの手続きを済ませ、彼が部屋へ案内してくれた。途中ホテルのテラスを通る時「あれがサッシだよ」と指差した。

 

テラスからサッシを見た時、「このホテルにして良かった!」と心底思った。マテーラのホテルを選ぶ際かなりの時間をかけた。そして、「テラスからの眺めがいい」ということがイルベルヴェデーレを選んだ決め手になったからだ。事前に集めた情報に嘘はなかった。その景色はまさに絶景だった。

 

案内された部屋は中庭から階段を登った所にあった。岩の形状に合わせて作られたドアの形が素敵な感じだ。正直、部屋は狭い。部屋からサッシを眺めることもできない。しかし、この洞窟っぽさが秘密基地のような感じですごくいいのだ。とにかく洞窟の壁が素晴らしい。

 

ベッドやデスク、冷蔵庫はかなり小さめである。備品にポットがあるが、これにはかなりお世話になった。家族経営の小さなホテルながら無料のwifiも使用できる。バスルームは、シャワーのみでバスタブはない。バスルームも岩がむきだしである。イタリアのホテル全般に言えるかもしれないが、バスタブのあるホテルは少ない。

 

イルベルベェデーレのシングルルームと中庭

イタリアのマテーラにある洞窟ホテルのイルベルヴェデーレ(Il Belvedere)

 

ホテルの中庭とテラスからの絶景

ホテルには中庭のような共有スペースがあり、階段を上がるとテラスに出る。そこからサッシを一望でき、眺めが最高である。

 

マテーラの街はこじんまりとしており、歩いて観光できる。ホテルからサッシも遠そうだが、意外とそうでもない。このホテルに3泊したが名残惜しかった。このホテルも、マテーラの街も。あと1、2泊はしたいと思った。

 

マテーラ宿泊の際にはおすすめしたいホテルである。

 

トリップアドバイザーでイルベルベェデーレを事前チェック

【Booking.com】

 

 こちらの記事もおすすめ

www.traveler-hide.com