Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

ヘルシンキ初日にタリン行きのフェリーに宿泊する

ヘルシンキのウェストハーバーにあるタリンクシリアライン(Tallink Silja Line)の切符売場

バルチック・クイーンは午後6時半にヘルシンキを出港し、3時間ほどでタリンに到着する。そして、タリンの港に停泊中、フェリーのキャビンで過ごすというものだ。

 

JAL便を利用する場合、東京を出発する飛行機はヘルシンキに午後3時頃到着する(夏時間の場合は午後2時頃)。これがちょうどいい時間なのだ。ヴァンター空港到着後、2時間もあればバルチック・クイーンに乗船することができる。

 

ヘルシンキからタリンに渡ることを考えているなら、ヘルシンキ初日にバルチック・クイーンに乗船し、フェリーのキャビンに宿泊することを考えてもいいだろう。

 

ヘルシンキ・ヴァンター空港からヘルシンキ市内へ

ヴァンター空港のイミグレーション

飛行機は、ほぼ定刻通りにヴァンター空港第2ターミナルに到着。JAL便は午後3時にヴァンター空港着だと思っていたが、5月の後半はすでに夏時間となっており、午後2時頃に到着した。

 

イミグレーションでは入国の目的など、いくつかの質問をされたが非常にスムーズであった。

 

ヴァンター空港から市内へ

空港からヘルシンキ市内へは、あらかじめネットで購入しておいたフィンエアーシティバス(Finnair City Bus)を利用した。

 

約40分弱でヘルシンキ中央駅近くのバスターミナルに到着。フィンエアーシティバスは車内で無料でwifiが使用できるので、スケジュールなどの最終確認をするのに便利である。

 

タリンクシリヤラインのフェリー乗場への行き方

ヘルシンキ中央駅から9番のトラムに乗る

タリンクシリヤラインのフェリー乗場は、ウェストハーバー(West Harbour)のターミナルビルにある。

 

ウェストハーバーへの行き方は、ヘルシンキ中央駅の前にあるトラム駅からウェストハーバーへ向かう9番のトラムに乗り終点まで行く。ウェストハーバー方面へ行くトラムは、ヘルシンキ中央駅から見て右方向へ行くトラムである。

 

トラムの9番線に乗り、終点がウェストハーバー

ヘルシンキの9番線トラム

 

ターミナルビルは、トラムの駅から歩いてすぐ

ウェストハーバーでトラムを降りたら右方向に歩いて行くとターミナルビルがある。

「Entrance」と書かれた入口を示す案内板があるので、すぐに分かるだろう。

 

ターミナルの入口の看板が見える

ウェストハーバーのターミナルビルの入口

 

ターミナルビルの2階がタリンクシリヤラインのフェリー乗場になっている。タリンクシリヤラインのチケット売場もここにある。

 

エスカレーターで2階に上がり、フェリーに乗船する

ウェストハーバーのターミナルビル1階

 

フェリーに乗るまで

セルフチェックインでチケットを発行

タリンクシリヤラインのフェリーのチケットを事前にネットで予約すると、「予約番号(Reservation number)」と「セキュリティ番号(Security number)」、その他の詳細が記載された書類がPDFで送られてくる。しかし、これはチケットではないので、この書類を見せてもフェリーには乗れない。

 

乗船するためのチケットを発行するにはセルフチェックイン機を使う。セルフチェックイン機に予約番号とセキュリティ番号を入力するとチケットが発行される。非常に簡単な操作なので、迷うことはないと思う。

 

セルフチェックイン機に必要事項を入力しチケットを発行する

セルフチェックインの機械

 

チケットはキャビン(フェリー内の客室)のカード型の鍵になる

チケットを発行したらキャビン・ナンバーを確認しておこう。キャビン・ナンバーはフェリー内の部屋番号である。

 

また、紙でできたチケットではあるが、これがキャビンのドアを開ける際のカードキーとなるので、丁寧に扱った方がいい。

 

Baltic Queenの乗船チケット

タリンクシリアライン(Tallink Silja Line)のBaltic Queenチケット

 

乗船ゲートを確認する

時間になったらゲートを通り待合室に行く。ゲートを通る際、チケットに印刷されたバーコードを読取り機にかざす。

 

時間が来たらチケットのバーコードをかざし、フェリーの待合室に入る

フェリー乗船待合室入口

 

乗船ゲートはキャビン・ナンバーにより2ヶ所に分かれている。乗船ゲートにインフォメーションが表示されているので、事前にどちらのゲートから乗るのかを確認しておこう。

 

乗船ゲートはキャビン・ナンバーによって異なる

フェリー乗船のゲート

 

キャビン(客室)の様子

キャビンのあるエリアはまるで大型ホテル

乗船時刻になり、フェリーに乗り込むと自分が宿泊するキャビンを探すわけであるが、キャビンのあるエリアは大型ホテルのようである。しかも、ホテルよりも入り組んでおり、キャビンを見つけるのにちょっと戸惑ってしまうかもしれない。

 

実際、キャビンを探すためにうろうろしてる人が多かった。案内板があるので、焦らずに探すことが重要だ。

 

Baltic QueenのA-Premiumクラスのキャビンがあるエリア

Baltic QueenのA-Premiumクラス

 

チケットを挿入口に差し込みドアを開ける

自分のキャビンを見つけたら、フェリーのチケットがカードキーになっている。入口の挿入口にチケットを差し込めばドアを開けることができる。

 

最初、このようなシステムになっているとは知らず、気を使うことなくチケットを扱っていたが、鍵の役割を果たすことを知ってからは大切に扱うようになった。

 

フェリーのチケットがカードキーとなる

Baltic QueenのA-Premiumクラスのドア

 

A-プレミアムクラス(A-Premium)のキャビン

フェリーのキャビンはA-プレミアムクラスを利用した。キャビン内はそれほど広くなく、部屋のほとんどがベッドで占められる。しかし、キャビネットなどもあり1泊するなら十分である。

 

さすがに冷蔵庫はないが、使用はしなかったもののテレビは壁に取り付けられている。また、キャビンにはバスルームも付いている。狭いことは狭いが、ちゃんとお湯の出るシャワーである。

 

ただし、トイレとシャワーの仕切りがカーテンのみで使いにくい。床がトイレの部分とシャワーを浴びる部分が平面であり、シャワールームにトイレがある感じだ。シャワーを浴びたお湯は、バスルーム全体に流れてしまう。

 

そのため、シャワーの横に水を切る道具が掛けられており、シャワーを浴びた後はこれで床の水切りをする。きちんと水切りをしておけば、床は結構早く乾く。

 

A-プレミアムクラス(A-Premium)のキャビンの様子

A-Premiumクラスのキャビン

  

フェリー内の施設

スーパーマーケットは激混み

フェリーの中には、食事を取れるカフェやゲームセンターなどの様々な施設がある。最も人気なのがショッピングエリアである。

 

ショッピングエリアにはスーパーマーケットがある。タックスフリーのため、開店と同時に、主に酒類を買う人で非常ににぎわう所である。スーパーマーケットを利用するなら、開店後しばらくしてからの方がいいだろう。店内が混み過ぎて、移動もままならないからだ。

 

Baltic Queenの船内

Baltic Queenの船内

フェリーのデッキ

フェリーにはデッキがあり、外の空気を吸うことができる。定められたエリアに灰皿が設置されているので、喫煙は灰皿のある所で。

 

Baltic Queenのデッキ

Baltic Queenのデッキ

 

タリン到着

バルチック・クイーンは出港後、約3時間でタリンに到着する。タリン到着後、フェリーは港に停泊して夜を過ごすのである。白夜の時期ならまだまだ空は明るい。デッキからはタリンの旧市街にある建物を垣間見ることができる。

 

白夜の時期だと、到着後よりは早朝の方が素晴らしいタリンの風景を見ることができる。

 

タリン到着時の様子

Baltic Queenがタリンに到着

 

朝食を予約した場合の注意点

チケット予約と同時にビュッフェ式の食事を予約できる

タリンクシリヤラインのフェリーをネットで予約する際、ビュッフェ式の夕食や朝食も予約できる。フェリーのチケットと一緒に予約すれば10%割引されるのでちょっとお得である。

 

ビュッフェ式の食事以外にもアラカルトの食事を提供するレストランがあり、こちらもチケットを予約する際にレストランの席を予約することができる。

 

朝食には「Breakfast」と「Special breakfast」の2種類があり、値段の安い普通の朝食の方を予約してみた。

 

朝7時前には並ぶべし

朝食は朝7時から始まる。食事の質は予想以上に良かった。料理の種類も豊富でかなり満足する朝食である。

 

ただし、時間には気を付けた方がいい。7時2~3分前にレストランに行ったが、すでに結構な行列ができていた。

 

朝食を早めに取りたいなら、7時5分前にはレストランへ行った方がいいだろう。レストラン内の座席は十分にあるので、そこは心配する必要はない。だが、時間に遅れると料理を取る列がすごいことになり、なかなか料理を取ることができないのである。

 

お得なバルチック・クイーン

ヘルシンキからタリンへは、バルチック・クイーンでフェリー内で宿泊し、タリンからヘルシンキは通常のフェリーを利用し、バルチック・クイーンでは朝食も取った。これで合計123.5ユーロ(2016年5月現在)である。

 

この値段は物価の高いヘルシンキでのホテル1泊分より安い。できるだけ節約した旅をしたいのなら、フェリーでの宿泊を考えてもいいのではないだろうか。

 

タリンクシリヤラインの予約サイト

www.tallinksilja.com

 

ウェストハーバーの地図