読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

タイ文字に挑戦!おすすめの教材

タイ語の案内板

タイ語初心者は、数ヶ月間発音記号やカタカナで学習をしてきた。薄い簡単な会話の本を暗記して、簡単な挨拶や自己紹介などの会話ならすらすらといえるはず。

 

入門者用のタイ語の文法は、それほど難しくもなくスイスイ進むことと思う。そして、発音記号のタイ語は「偽りのタイ語」と思い始める頃かもしれない。どこか日蔭者の自分を感じてしまうような…。

 

「早く本物のタイ語を読めるようななりたい!」と思い始めたら、タイ文字の学習を始めてみよう。

 

タイ文字の学習は大きな壁

入門時代、タイ語の音に慣れ親しみ、いよいよ次のステップである。

 

タイ文字の学習である。タイ文字を習得するのは、かなり手ごわい。高くそびえる、大きな壁である。神様がタイ語学習者に与える最初の試練だ。

 

タイ文字の学習といっても、タイ文字の形を覚え、書けるようになるということだけではない。母音と子音の組み合わせで、どのように読むのかを覚えるなくてはならない。これにプラスして、声調記号との組み合わせも重要になってくる。

 

タイ文字を習得するには苦労するが、蛇のようなにょろにょろとした記号が文字として認識できるようになると感動する。

 

タイ文字を学習する際のアドバイスとしては、次のようなことが挙げられる。

 

  • 実際にタイ文字を書いてみる
  • 実際に発音してみる
  • 焦らずにじっくりやる

 

何の変哲もないアドバイスであるが、タイ文字を書いたり発音することは、この時期、しっかりやっておいた方がいい。何度も繰り返しやってみること。これが大切である。

 

タイ文字の学習に王道なしである。タイ語学習に挫折するか否かの分かれ目なので、時間をかけてやる価値は十分にあるだろう。

 

私は、長い期間タイ語を勉強しているが、その間ずっと欠かさずにタイ語を続けたわけではない。数ヶ月もタイ語に触れなかった時期が何度もあった。ひどい時は1年以上タイ語を見なかった時もあったと思う。

 

しかし、タイ語の単語などはどんどん忘れてしまうのに、不思議とタイ文字の読み方は忘れないものである。また、忘れたようでも、すぐに思い出せるものだ。そのため、かなり短い時間で元のタイ語の水準に戻ることができる。

 

このことだけでもタイ文字の習得には苦労しておく価値があるだろう。

 

おすすめのタイ文字教科書

タイ文字を学習する際の教材は、自分に合いそうなものを選べば何でもいい。昔と違い、現在はタイ文字に関する本もたくさん出版されいるので、かなりの選択肢がある。

 

スマートフォンのアプリでもタイ文字を学べるものがあるが、書籍になっている教材は一覧性があるので、1冊は用意しておきたいものだ。

 

それでは、おすすめの教科書を紹介してみたい。

 

やさしいタイ語 文字の読み書き

最初は「やさしいタイ語 文字の読み書き」である。

大学の語学学習で使用するような、ちょっとそっけない本であるが、できはかなりいい。薄い本なので、携帯するにも便利である。

この本は結局2冊買った。1冊目がボロボロになってしまい、使用に耐えられなくなったためである。2冊目は今も手元に置き、タイ語に触れない期間が長くなった時に、ササッと読み直している。

しかし、現在在庫が少ないようである。是非欲しいという場合は、早めに買った方がいいと思う。

 


やさしいタイ語―文字の読み書き

 

マリンのタイ語生活(1)挫折しないタイ文字レッスン 

今人気なのが「マリンのタイ語生活(1)挫折しないタイ文字レッスン」である。

上記の「やさしいタイ語 文字の読み書き」の代わりに、こちらもおすすめである。

 

 

タイ文字入門

「タイ文字入門」はタイ文字の書き方を練習する書籍である。しかし、現在は絶版で古本でしか手に入らない。

この本の良さは、オーソドックスなタイ文字の書き方も学べるのは当然のこととして、タイ人が崩した文字も学べるというところだ。

実際に使用しなくても、資料として手に入れておくのもいいだろう。

 

まとめ

タイ語をそこそこ話せても、タイ文字の方はさっぱりという人が結構いる。しかし、タイ語学習の醍醐味は文字習得にこそあると思う。

 

タイ文字を習得したならば、タイ語学習の半分は終わったようなものである。ここが正念場だと思い、焦らずに学習することが大切である。