読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

タイ語の勉強を始める時の、最初の教材選び

f:id:traveler-hide:20170227222125j:plain

タイ語を勉強しようと決めたら、適切な教材、あるいは参考書を選ばなくてはならない。どのような教材が合うかは、人により様々かもしれないが、適切な教材選びの参考となることを紹介してみたい。

 

タイ語学習は発音記号から始める

タイ語を勉強を始める場合、初めは発音記号で学習するのが普通である。いきなりタイ文字から始めるのもいいのだが、おそらく99%以上の確率で早々に挫折するであろう。発音記号で基礎的な会話を学び、タイに旅行に行った時などに、実際にタイ語が通じたりすれば、それはものすごいモチベーションとなる。

 

タイ語の発音記号といっても、特に決まったものはないというのが現状である。要は自分なりに発音がわかる記号ならば、英語式のものでもカタカナでも何でもいいのである。

 

発音記号で注意する点

発音記号など何でもいいのだが、最低限注意すべき点が3つある。

 

正しい声調を示している記号であるか

タイ語には声調というものがある。例えばタイ語の単語で「マー」と発音するものがあったとしよう。この「マー」という文字を、通常よりは低い声で読んだり、最初は高く途中で下がるように読んだり、最初は低く途中から上がるように読んだりと、いろいろな読み方ができる。そして、この読み方により、意味が変わってくるのである。

 

日本人にはとっつきにくい声調であるが、タイ語では非常に重要なものである。例示したように、発音記号として、ただ単に「マー」と読み方が示されている場合は、声調が分からないので不適格である。

 

長母音か短母音か分かる記号であるか

タイ語の母音には長く声を出す長母音と短く読む短母音がある。これに関しては「マー」という読み方に関しては合格である。日本語の長音記号である「ー」で対応可能である。

 

有気音か無気音を区別している記号であるか

最後に、タイ語には有気音と無気音がある。説明は難しいが、簡単にいうと空気を出しながら読むか、空気を出さないで読むかである。英語のアルファベットを初記号としている場合、例えば「パ」という読みを示す時、有気音では「pha」、無気音では「pa」となっていることが多いであろう。カタカナで示す時は、有気音の場合「パ」と太文字にすることが多い。

 

タイ語学習最初の教材選び

最初のタイ語の教材として選ぶ際は、次の点に注意するのがいいだろう。

 

できるだけページ数が少ない会話の本

最初から分厚い教材を選ぶのはあまりお勧めしない。挨拶から始まり、一通りの簡単な表現が含まれているページ数が少ない会話の本がお勧めである。これを何度も声に出し、丸暗記することだ。声を出して読むことは、非常に重要である。当然、適切な発音記号が付されているものを選ぶべきである。

 

文法の解説が最小不可欠なものに限られていること

最初に手にする会話の本には、過剰な文法の解説は不要である。必要不可欠な解説だけでいい。簡単な会話の暗記をする時に、「どのようにしてこの文は成り立っているのだろうか」などという論理的な思考はかえって邪魔になる。本に書かれたタイ語の表現を「こういうものなんだ」と受け止めてしまおう。入門の時期が終われば、文法の勉強をする時間はたっぷりあるのだから。

 

音声を収録したメディアが用意されているもの

暗記といっても発音記号をもとに、自分流に読んでいいというのではない。会話の内容がCDなどに収録されており、そのメディアが付録としてついているものに限られる。声を出して読むのと同時に、何度もタイ語を聞くべきである。

 

発音記号での学習は3ヶ月を目標に

最初の会話の本の暗記は、時間の取れる人の場合1ヶ月ほどあれば十分であろう。時間がないという人でも3ヶ月もやれば、かなりの成果が出るはずである。

 

この入門時期の後、タイに旅行に行った時などに簡単な挨拶でも現地のタイ人に通じたらかなり嬉しいはずだ。これがコンビニなどで、「○○はどこにあるの?」と店員に聞き、「あそこにありますよ」なんて会話が成立したらテンションが上がってしまい、その後のタイ語学習の大きなモチベーションとになるに違いない。

 

モチベーションが高まったらしめたものである。発音記号を使用したタイ語の勉強につまらなさを感じるはずだ。発音記号でタイ語を学ぶのは王道とはいえ、しょせん偽りのタイ語である。「早くタイ文字を読めるようになりたい」と思うことだろう。気分が高まったところで、次の段階であるタイ文字の学習に進むのである。