Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

イタリアでB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)を利用するメリットとデメリット

ローマのテルミニ駅前にあるベッド・アンド・ブレックファストの分かりにくい入口

イタリアのB&B(Bed and Breakfast、ベッド・アンド・ブレックファスト)は、通常のホテルと比較すると割安な場合が多い。立地場所が悪い場合ももあるが、よく探せば便利な場所にあるBBもある。

 

私もイタリアでB&Bを2回利用したことがある。ローマで1回、バーリ(Bari)で1回だ。しかし、ホテルと比較して割安なのは、それなりに不便なことがあるからだということを感じた。

 

B&Bを利用した時の体験をもとに、イタリアでB&Bを利用する際の注意点を紹介してみたい。「たった2回の利用でB&Bを語るなよ」なんて声も聞こえてきそうだが、利用した2軒のB&Bとも少々面倒だったので、B&Bの上手な使い方の参考となるのではないかと思う。

 

B&Bのデメリット

割安な値段で宿泊できるイタリアのB&Bであるが、その分デメリットもある。B&Bに宿泊する際のデメリットをあげてみたい。

 

レセプションがない

イタリアのB&BにはレセプションがないB&Bがある。これは余っている部屋を貸しているケースだ。また、レセプションがあっても時間が限定されている場合もある。レセプションがない、あるいはレセプションが時間限定の場合、どんなデメリットがあるだろうか?この場合のデメリットは、チェックインが面倒だということである。

 

このようなケースに当てはまるB&Bの場合、予約後にB&Bのオーナーからメールが来る。メールの内容は「何時頃に来るのか?」という問い合わせだ。まだ先のことだからと放っておくと「重要なことだから返事をしてくれ」などという催促のメールが来たりする。もちろん、「何時から何時位の間」という時間的な幅はあるが、その時間はチェックインの手続きため宿のスタッフがレセプションで待っているということである。

 

それでも時間限定とはいえ、レセプションのあるB&Bはまだましだ。レセプションのないB&Bを予約した場合は、かなり面倒になる。このようなB&Bの場合、オーナーと外で待ち合わせをすることになるケースもある。「このお店で、何時頃会いましょう」というような約束をするのである。そこでオーナーと会い、B&Bに案内されチェックインの手続きをする。

 

例えば下記のような看板も何もない、一般の民家のような入口のB&Bだと、オーナーに案内されない限りたどり着くことはできないだろう。

 

分かりにくいB&Bの入口

イタリアのバーリにある分かりにくい入口のBed and Breakfast

 

場所が分かりにくい場合がある

レセプションのないB&Bの場合は、待ち合わせの場所さえ分かればオーナーの後をついていけばいいが、自分で宿泊予定のB&Bの場所を探す場合、非常に分かりにくいこともあり得る。私の場合も「この通りにあることは間違えないんだが…」と同じ道を行ったり来たりしたがなかなか見つけられなかったことがあった。看板くらいは出ているだろうと思っていたからである。

 

このB&Bは、インターフォンの所に小さく名前があるだけであった。これでは見つけるのは難しい。B&Bを利用するなら看板があるなどと期待せず、小さな表札を見逃さないようにしなければならない。

 

問題が起きた場合でもクレームできない

イタリアのB&Bでは、オーナーがどこにいるか分からない場合がある。これはどういうことかというと、何か問題があってもクレームができないということだ。ホテルならレセプションに行けば済むことだが、B&Bの場合はそう簡単にはいかない。

 

私の場合、部屋の水が出ないことがあった。チェックイン時に分かっていたが、オーナーから「水が出るのに2時間位かかる」と言われ、その言葉を信じて外に出かけた。しかし、外から帰ってシャワーを浴びようと蛇口をひねってもお湯が出なかったのだ。何か問題があったら、ここに電話して」と言われ、電話番号を教えてもらっていたものの、こういう場合は非常に面倒である。

 

このような場合はホテルの利用がおすすめ

いろいろとデメリットの多いイタリアのB&Bだが、特に次のようなケースでは多少宿泊代が高くなってもホテルを利用することをおすすめしたい。

 

イタリア到着初日に宿泊する場合

旅行先への到着初日は意外とリスクがあるものだ。まず飛行機の遅延が考えられる。そして、たとえ飛行機は定刻に着いても荷物が遅延することもあり得る。私の場合は、荷物の遅延があった。

 

空港のサービスデスクの人は荷物をホテルに届けることもできると言っていたが、チェックインの時間もあらかじめ約束するくらいなので、B&Bのオーナーが不在の時に荷物が届いても対応できないだろうと思い、荷物が来るまで空港で3時間程待つことにした。ホテルに宿泊していたなら、荷物をホテルに届けてもらうという選択をし、空港で荷物を待つこともなかったと思う。

 

更に、荷物遅延のため、事前に約束していたチェックインの時間に間に合わないので、B&Bのオーナーにチェックインが遅れる旨をメールする必要があった。ローマの空港で無料のwifiが利用できたので助けられた。

 

移動日の前泊として利用する場合

A→B→Cと3つの都市を移動する場合で、「BはCへ移動するために泊まるだけ」というケースがある。当然、Bでの滞在時間は限られている。この場合もB&Bの利用は避けた方が無難だろう。

 

時間がないのに時間を指定されたり、オーナーと待ち合わせするなどの理由ため、チェックインに手間取るB&Bに宿泊するのは考えものである。約束の時間まで重い荷物を持って時間をつぶしたりする必要があり、無駄な時間が増えることは間違いない。

 

チェックアウト後荷物を預けたい場合

搭乗予定の飛行機や列車の出発時刻が遅い時などは、チェックアウト後、宿泊先に荷物を預けて観光したいものであるが、B&Bの場合は難しいかもしれない。B&Bの場合、チェックアウトの手続き自体がないケースもある。チェックアウトの日にB&Bを出る際、鍵を指定された場所に置いておくだけというケースだ。当然、オーナーと顔を合わせることはない。これでは荷物の預けようがない。

 

私の場合は最寄の駅に荷物を預かってくれる所があったので、そこを利用したが、結構無駄な出費である。

 

B&Bのメリットを活かして利用しよう

いろいろとデメリットのあるイタリアのB&Bだが、当然メリットもある。

 

B&Bは宿泊費が安い

まず宿泊費が安い。これは魅力的だろう。同等の立地条件なら、ホテルと比べ、かなり割安である。探せば便利な場所にあるB&Bもあるものだ。私がローマで宿泊したB&Bはテルミニ駅のすぐ側であった。

 

バーリでは、私以外の宿泊客がいなかったのか、オーナーから広い部屋にしてもらい、3部屋もあるような所に宿泊した。このような所に何日も宿泊すれば、アパートを借りて、そこに住んでいるような感じもし、旅の良い思い出になると思う。

 

複数泊ならメリットがデメリットを上回る

イタリアのB&Bを利用する場合は、2泊以上の複数泊で利用すればそれなりのメリットがあると思う。チェックイン時の面倒さも多少は薄れるだろう。移動が頻繁で、毎日違うB&Bを泊まり歩くようなことは絶対におすすめしない。

 

B&Bのメリットとデメリットを理解するのがポイント

イタリアでB&Bを利用するなら、B&Bのメリットとデメリットをよく理解することがポイントだろう。ホテルに宿泊した方がいい場合はホテルに宿泊し、B&Bに宿泊するならメリットを享受できるよう、臨機応変に利用するといいだろう。

 

うまく宿泊プランを立てて、イタリア旅行を楽しんでほしい。