Traveler Hide.com

旅を中心に、考えたこと、思ったことをつづっていくTraveler Hideのブログです。

アテネからデルフィへ。長距離バスの旅

デルフィ博物館の彫刻

ギリシャの内陸部にあるデルフィ(Delphi)は遺跡がある小さな町である。デルフィに行くには、アテネのリオシオン・ターミナルから長距離バスを利用するか、アテネ発のツアーに参加するのが一般的だ。長距離バスで行く場合、片道約3時間なのでアテネから日帰りで行くことも可能である。

 

ここでは、アテネから長距離バスを利用してデルフィに行くのはどのようなものか、そしてデルフィのおすすめホテルを紹介してみたい。

 

アテネのリオシオン・ターミナルから出発

アテネのリオシオン・ターミナル(Liossion Terminal)は、通称「バスターミナルB(Bus Terminal B)」とよばれており、アテネ中心部からは多少面倒な場所にある。リオシオン・ターミナルへの行き方は、下記の記事に詳細を書いているので参考にしてほしい。

 

www.traveler-hide.com

 

リオシオン・ターミナルのバス乗り場へ行くと、行き先別に乗り場が分かれている。デルフィ行きのバス乗場は1番奥の7番の乗り場である。

 

アテネのリオシオン・ターミナルのデルフィ行きバス乗場

リオシオン・ターミナルのデルフィ行きバス乗場

 

バスは全席指定席となっているので、発車の10分ほど前に7番乗場に行けばいいだろう。早く行っても、ぼけーっと待つだけだ。発車間近になるとバスの運転手がトランクを開けるので、大きな荷物がある場合はそこに積み込むことになる。荷物を積み込む際は「デルフィ」と言って、デルフィまで行くことをアピールすると運転手は荷物をどこに置けばいいかを指示してくれる。

 

途中で約10分間の休憩あり

アテネを出発したバスで1時間50分ほど走った所で約10分間の休憩がある。そこにはFriendly cafe bar(フレンドリー・カフェバー)という大きい店がある。ドリンク類や菓子類を販売する売店のような店であるが、軽食を取ることも可能である。

 

店内は広々としているが、乗客はバスの発車を気にしてか、屋外の席に座る人が多かった。もちろん、ここはギリシャである。屋外で何かを食べれば、時には猫もやって来る。

 

途中、Friendly cafe barで10分間の休憩

バスでアテネとデルフィを移動するときに休憩するFriendly cafe bar

 

デルフィ到着

Friendly cafe barを出発するとデルフィまではもうすぐである。途中雰囲気のいい町を通るが、「デルフィか?」と勘違いしてしまうかもしれない。しかし、デルフィに着くとバスの車掌さんが「デルフィ、デルフィ」と大声で言ってくれるので、そこがデルフィである。下記の写真はツアーバスの駐車場を示す標識であるが、バスを降りる場所はこの辺りである。

 

デルフィのバス停

デルフィのバス降車所

 

デルフィの観光後アテネに戻るならば、リオシオン・ターミナルで往復のチケットを買っておくことをおすすめするが、買い忘れた場合やアテネ以外の場所へ行く場合は降車場近くの「BUS STATION」という看板が出ているお店でバスのチケットを買うことができる。

 

デルフィのバスステーション

デルフィのバスステーション

 

アテネ、デルフィ間は結構混雑するので、チケットは早めに買っておいた方がいいだろう。

 

ベルトラで現地発デルフィ観光ツアーを予約する

 

テラスから海が見える、デルフィのニディモスホテル

遺跡を見るために日帰りで訪れる人が多いデルフィだが、ここに1泊してみるのも悪くない。端から端まで徒歩で10分もかからない小さな街だが、とても風景が素晴らしい。見渡せば山に囲まれているのだが、意外なことにエーゲ海が見える街でもある。

 

遺跡はもちろんのこと、山と海の風景を1度に楽しめる町デルフィだが、宿泊するなら是非おすすめしたいのがニディモスホテル(Nidimos Hotel)である。

 

ニディモスホテル

デルフィにあるニディモスホテル

 

遺跡の町でくつろげるニディモスホテル

デルフィには小さいホテルが多いが、ニディモスホテルは比較的大きなホテルである。有名観光地であるにもかかわらず、宿泊料金の割には客室は広く、空間的に余裕を感じる造りになっており、ゆっくりと落ち着くことができる。

 

ニディモスホテルのバスルームは、ギリシャの標準的な広さよりは若干広い。シャワーだけではなくバスタブもあるので、お湯につかりたい方には喜ばしいことだろう。1つだけ不満をあげれば、洗面台や便器などの陶器類は青ではなく白にしてほしかった。やはり白色の方が清潔感がある。単なる個人的な意見ではあるが。

 

ニディモスホテルの客室

デルフィにあるニディモスホテルの客室

 

このホテルを予約する際、「Sea View(海の眺望あり)」という部屋があった。私は、てっきり山の中にあるホテルだと思っていたので、「湖(Lake)と間違えているのかな?」と疑った。しかし、よくよく調べてみるとデルフィは海に近いということが分かった。

 

部屋から海が見れるということでテンションが上がってしまい、Sea Viewの部屋を選んだのである。もちろん、宿泊料は少々高くなる。しかし、これは正解だった。ニディモスホテルでは、各部屋に広めのテラスがあり、ここからの眺めが最高だからである。

 

テラスからの眺め

デルフィにあるニディモスホテルのテラスからの眺め

 

また、デルフィにはスズメやツバメなどの小鳥が多く、朝起きてからテラスに出てみると、小鳥のさえずりが聞こえる。これがまた牧歌的でいいのだ。ちなみにテラスの手すりに小さくちぎったパンを置いておくと、いつの間にか小鳥が食べてしまう。

 

朝食はまずまず

朝食は1階(グランドフロア)のレセプションの前にテーブルがあるので、そこで取ることになる。ニディモスホテルは、時々高校生などの遠足などに利用されているようで、1度その集団に遭遇した。団体客がいるとせわしないが、そうでなければゆったりと食事を取ることができる。

 

宿泊料やホテルの規模を考慮すると朝食はまずまずといったところである。ハムが数種類あるし、ゆで卵もある。サラダの種類がもう少しあれば…とは思ったが、一応グリークサラダ(ギリシャサラダ)を作れるくらいの種類はある。

 

ニディモスホテルの朝食

デルフィにあるニディモスホテルの朝食

  

デルフィにあるもう1つのバス停

前述の「BUS STATION」という看板がある辺りがデルフィの降車場所であるが、デルフィにはもう1つバスの乗降場所となるバス停がある。「BUS STATION」の看板がある場所はデルフィの町の入口で、アテネ寄りにある。もう1つのバス停は、アテネから見ればデルフィの町が終わる場所にある。ちょうどデルフィの両端にバス停があるといった感じだ。

 

しかし、もう1つのバス停の方は分かりにくい。バス停であることを示すようなものが何もないからだ。このもう1つのバス停はニディモスホテル(Nidimos Hotel)の近くにある。ニディモスホテルから斜め右の方を見るとキオスク(小さな売店)がある。その辺りがアテネ行きのバスの乗車場所だ。このキオスクは営業をしてないようで、シャッターは閉まったままなので不安になるかもしれないが、そこで待っていれば、いずれバスが来る。

 

デルフィのもう1つのバス停

デルフィのもう1つのバス停

 

私はニディモスホテルに泊まったので、帰りはこのバス乗場から乗車したが、バスが来るまでは多少不安もあった。デルフィは外国人のみならず、ギリシャ人にも人気の観光スポットなので、ツアー用のバスは頻繁に通るが、アテネ行きと思われるバスがなかなか来なかったからだ。

 

ツアー用のバスは、たいてい派手な色をしてすぐに分かるのだが、なかには地味な色をしたバスもあり、「おっ、アテネ行きのバスか?」と運転手に人差し指を見せ、バスに乗ることをアピールすると、「違うよ」といった感じで首を振られる。

 

結局、定刻より20分ほど遅れてアテネ行きのバスが来た。20~30分の遅れはギリシャのバスでは誤差の範囲と認識し、焦らず、のんびりと構えてバスを待とう。

 

アテネ発デルフィ行きのバス

アテネ発デルフィ行きのバス

 

トリップアドバイザーでニディモスホテルを事前チェック

【Booking.com】